カンジダ薬

カンジダの薬でデリケートゾーンのかゆみ解消スッキリ

カンジダ薬

「デリケートゾーンのかゆみに○○軟膏」というテレビCMを見た方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

デリケートゾーンにかゆみを感じる病気は何種類かありますが、膣カンジダと細菌性腟症(非特異性腟炎)がかゆみという面では有名です。
特に膣カンジダは、女性の5人に1人が経験しているポピュラーな病気なんです。

 

腟カンジダは、腟内の常在菌であるカンジダという菌の異常増殖によって起こる腟炎です。

 

カンジダ菌は増殖能力が非常に高く、妊娠や抗生物質の使用などにより常在菌のバランスが崩れたり、糖尿病や疲労などで免疫力が低下したりするだけで増殖してしまうんです。

 

本来 腟内は乳酸菌によって酸性に保たれているため、他の菌が繁殖しにくい環境になっているにもかかわらず、カンジダ菌は少しの体調の変化で増殖し発症させてしまうんです。

 

症状は、かゆみが非常に強く、ズキズキする痛みを感じることもあります。

 

おりものは無臭で白濁し、いわゆるカッテージチーズ、酒粕、ヨーグルトなどと言われる性状を示します。

 

このような症状が現れたら、産婦人科を受診して腟カンジダなのか、細菌性腟症(非特異性腟炎)などの腟カンジダ以外の病気なのか診断してもらうことが大事になります。

 

治療薬には、オキシコナゾール硝酸塩やテルビナフィンなどの抗真菌薬がよく使われます。

 

塗り薬と飲み薬がありますので、ジェネリック医薬品を利用して早期に治療することが大事です。

 

カンジダ菌の増殖を抑えかゆみを抑えるカンジダの薬のことは次のページから詳しく解説していますのでご覧ください

カンジダ薬ジェネリック

 

ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れた後に、同じ成分で名前を変えて製造された医薬品で、「後発薬」とも呼ばれています。

 

新薬のように膨大な開発費がかからないので、驚くほど安い値段で発売されます。

 

膣カンジダの治療薬にもジェネリックはたくさん存在します。

 

ただ、気を付けなければならない事は、ジェネリックの「ニセモノ」が多数出回っている事です。

 

通販でカンジダ薬を購入する際には、「正規品」を取り扱っている業者を選びましょう。

 

このサイトで紹介している業者は「正規品」のみの扱いなので、安心して購入できます。

 

飲み薬

 

ダイフルカンジェネリック・フォルカン
カンジタ症治療薬として開発された「ダイフルカン」のジェネリック、フォルカンです。カビ(真菌)に対する抵抗を強め回復させ、1日1回の使用で、カンジダ症、真菌症に効果を発揮する抗ウイルス薬です。
価格 容量 評価
\3,780 150mg 1箱(合計15錠) カンジダ薬

 

塗り薬

 

ラミシールクリーム
ラミシールの成分テルビナフィンは、真菌の細胞膜を破壊し殺菌的に作用します。
価格 容量 評価
\2,980 10 gm カンジダ薬

カンジダ薬通販

 

膣カンジダは一度罹ってしまうと、再発を繰り返しやすい病気です。

 

ストレスや過労によって引き起こされるため、生活習慣自体を変えないとなかなか完治せず再発を繰り返します。

 

かゆみやヨーグルト状のおりものなどが出た場合、最初はカンジダなのか確認するためにも、婦人科を受診してください。

 

類似疾患との判別が必要であるため、おりものを顕微鏡で調べたり培養して確定診断を行います。

 

膣カンジダであれば、医師から処方箋が出て薬で治療することになります。

 

病院は人件費などの経費をねん出するため、もうけの少ないジェネリック医薬品の処方を敬遠します。

 

 

そこで、膣カンジダであることが確定したら、自己防衛手段としてインターネット通販で格安のジェネリック医薬品を購入しましょう。

 

自分以外に人に知られることなく自宅まで薬が届くことも、通販のメリットです。

 

ただ、くれぐれも「個人輸入代行業者」から薬を購入する場合は、「自己責任」であることを忘れないでください。

 

もし、身体に害を及ぼすような成分が含まれている「ニセモノ」を使用して副作用が出てしまっても、誰も助けてはくれません。

 

「ニセモノ」を扱っている業者は、住所などを特定せず、ある程度の利益が上がった時点で会社を解散してしまいます。

 

例えば、NTTのタウンページに登録があるか、極端に安い値段で販売していないかなど、事前にしっかり調べてから購入することが大事です。

 

膣カンジダは早期に発見し、早期に治療すれば治る病気なので、ジェネリックを上手に使って早く治しましょう。

カンジダ膣炎

カンジダの症状の中で最も多いのが「カンジダ膣炎」ではないでしょうか。

 

「カンジダ膣炎」は、セックスをしていなくても発症するのが特徴なんです。

 

高校生が「エッチしてないのに性病になった!」と悩むケースがありますが、性感染症とは原因が全く異なりますから心配する必要はないんですね。

 

性感染症は性行為によってパートナーからうつるんですが、カンジダ腟炎は膣内の常在菌である「カンジダ」という真菌(カビ)が異常に増えることによって起きるんです。

 

要するに、もとから自分が持っている弱い雑菌が増えすぎてしまっただけの状態なので、性交経験のない人でもカンジダ膣炎になることがあるという訳なんです。

 

「カンジダ膣炎」の主な症状は、おりものの異常と外陰部や腟内の痒みです。

 

おりものはヨーグルト状やカッテージチーズのような少しポソポソした状態になることが多く、白色や黄緑色をしています。

 

割と特徴的なおりものなので、一度でもカンジダ腟炎になったことがある人なら、再発した時にすぐに分かるといいます。

 

外陰部の炎症がひどくなると、痒みだけでなくヒリヒリした痛みをともなうこともあるんです。

 

カンジダ膣炎の原因は、体力の低下や免疫力の低下、妊娠、抗生物質の服用などが考えられます。

 

抗生物質を飲んだら数日後にカンジダ腟炎になった、というのもよくあるケースですね。

 

これは抗生物質で膣内の善玉菌まで除菌されてしまい、本来は一定量から増えないはずのカンジダ菌が異常増殖してカンジダ腟炎になってしまうんです。

 

免疫力を高めることでよりカンジダ菌の増殖を抑えかゆみを無くすカンジダの薬を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

カンジダ薬・口腔カンジダ

カンジダ症には口腔カンジダ症があります。

 

口腔カンジダ症の症状は、口腔内に白いコケが生える偽膜性と、白いコケがなく粘膜が赤くなる萎縮性とがあります。

 

従来、カンジダ症というと偽膜性が代表でしたが、最近では萎縮性が増えています。

 

萎縮性は飲食時に舌にヒリヒリとした痛みがあるのが特徴です。

 

ほかに義歯の下の粘膜が赤くなる、両側の口角が切れる、苦味や違和感を感じるなどの症状があります。

 

口腔カンジダ症の原因は、カンジダ菌又はアルビカンスと言う菌の異常増殖および形態変化によって発症し、昔は年寄りや抵抗力の落ちた人がなるものと思われていましたが、義歯などの口腔内の掃除不備などで起こる事が分かってきました。

 

また、抗菌薬投与による口腔内菌交代現象・抗アレルギー薬や免疫抑制薬・抗ガン薬・ステロイドの投薬、唾液の分泌不足が原因で起こる場合もあります。

 

口腔カンジダ症の予防は口腔内のケアが一番で、常在菌が通常状態になる事を目標にします。

 

口腔内のケアのなかで、義歯のケアをする場合、義歯の素材にはカンジダ菌がつきやすい物が使われている事が多いので、専用の洗剤を使う事が大事です。

 

抗菌薬などを処方されている方は、違和感があった場合は主治医に診察してもらう事が必要です。

 

ここで、「抗菌薬」と「抗生物質」の違いを説明します。

 

抗菌薬とは、完全なる人工合成によって作られた病原微生物に対抗する化学物質という定義になります。

 

抗生物質とは、微生物が作った化学物質という定義になります。

 

例えば「ペニシリン」は、微生物であるカビが作り出した病原微生物を殺す化学物質であるため、抗生物質となるんですね。

 

現在では、抗生物質や人工合成された化学物質を全て含めて、抗菌薬と表現されるようになっています。

 

イメージとしては、抗菌薬という大きな枠の中に抗生物質が含まれるという解釈ですね。

カンジダ薬・トリコモナス膣炎

セックスによって感染する病気に「トリコモナス膣炎」があります。

 

「トリコモナス膣炎」は、腟トリコモナス原虫の寄生によって起こる腟炎です。

 

腟だけではなく、尿道、膀胱などにも感染し、尿道炎、膀胱炎、外陰炎などを合併することもあります。

 

症状は、感染後約3週間で現れますが、その内半分は症状のない無症候性といわれています。

 

症状としては、臭いの強いおりものの増加、外陰部の痒みなどがあります。

 

このような症状が現れたら産婦人科を受診しましょう。

 

婦人科では、現れている症状から、トリコモナス膣炎の可能性を判断します。

 

トリコモナス膣炎の可能性が疑われる場合には、膣分泌物を直接調べてトリコモナス原虫がいるかどうかを確認します。

 

その時は、セックスパートナーにも検査や治療が必要になる事を説明しましょう。

 

いわゆる「ピンポン感染」によってパートナーにも感染する危険性があるからなんです。

 

トリコモナス膣炎の治療は、膣洗浄を行い内服薬と膣錠を使って10日間行います。

 

 

その間のセックスには、必ずコンドームを使用しましょう。

 

また、症状が改善されたからといって治療を途中でやめてはいけません。

 

自覚症状がなくなったからと薬の服用を止めると、トリコモナス膣炎が再発する危険が大きいんです。

 

トリコモナス膣炎は、きちんと治療すれば問題なく治る病気なんです。

 

妊娠12週未満の妊婦については投薬治療は禁忌になっているので、妊娠の可能性がある場合は医師に伝えて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ